JANコードの概要

 

 

 

1.JANコードには、標準タイプ(13桁)と短縮タイプ (8桁)の2つの種類があります。

 標準タイプは、最初の7桁がJANメーカコードとなっているものと、9桁がJANメーカコードとなっているものに分けられます。9桁と7桁の付番領域は以下の通りです。短縮タイプは消しゴムなど、小さくて標準タイプのコードがつけられない場合にのみ許可されます。

JANコード

標準タイプ(13桁)

短縮タイプ(8桁)

メーカコード9桁

メーカコード7桁

メーカコード6桁

456000001

459999999

20011月以降に

申請した場合、原則とし

9桁になります。

45000014559999
4900001
4999999

 

                         

                                       

 

 

 

 

 

 

 

 

このうち商工会議所に申請するのは@(JANメーカーコード)の部分です。A商品アイテムコードは各商品につけるもので申請した業者が管理してください。商品アイテムコードは、単品(容量、色、味など)識別できる最小単位で設定してください。Bチェックデジットとは、スキャナによる読み誤りを防ぐための数値で、特殊な計算方法によって求められます。

 

2.JANメーカコードは、流通コードセンターが一元的に付番管理しています。

 JANメーカコードは、流通業とその関連業界の情報システム化のために、事業者等の申請を受け、流通コードセンターが国際的な約束に基づき、かつ番号が重複することのないよう一元的に管理し、付番貸与しています。

3.JANメーカコードは、永久貸与ではありません。

 JANメーカコードは、3年ごとの「更新手続き」が必要です。

4.JANメーカコードの申請料は、事前納付(前納)制です。

 更新の場合も、同様に事前納付制です。

5.流通コードセンターへの「登録事項」に変更が生じたときは、変更手続きが必要です。

6.JANメーカコードが不要になった場合は、返還届の提出が必要です。

7.「貸与規約」およびこの「JANメーカコード利用の手引き」を守っていただけなかった場合、JANメーカコードの貸与が取り消される場合があります。

 取り消された“JANメーカコード”は、以後使用することはできません。

更新日 10/04/01 担当:高田厚子

商品管理についてはこちら

チェックデジット計算についてはこちら


JANコードのトップへ