ワールド・ロボット・サミット

ワールド・ロボット・サミット

新着情報

ふくしま小規模企業者等いきいき支援事業(2次公募)が開始されました。2019年08月30日

ふくしま小規模企業者等いきいき支援事業

小規模事業者の皆様のための補助金です。円滑な事業承継や創業者の経営安定にも使えます。

本年度、福島県より業務委託を受け、福島県商工会議所連合会が事務局を務めて実施いたしました、ふくしま小規模企業者等いきいき支援事業(国が実施している小規模事業者持続化補助金の福島県版)につきまして、2次公募の申請が開始となりました。

「新たな顧客層を取り込むためチラシを作製・配布したい」、「専門家から指導を受けて、新商品を開発したい」、「ICTを活用して業務効率化を図り、生産性を向上したい」このようなお考えをお持ちの方は、ぜひお問合せください。

※1次公募で不採択になった事業については、計画をブラッシュアップした上で2次公募へ申請可能です。

●補助対象者 『一般枠』(事業承継・創業・販路開拓・生産性向上・地域コミュニティ向上)
○小規模企業者
○小規模企業者のグループ
※経営計画書を策定していること

『商店街枠』
○商店街の活性化を目的とする小規模企業者のグループ
○任意団体(商店街組織)
※商店街等の機能高度化に関する計画(様式2-1または様式2-2)を策定していること(申請時に記載いただきます)

※商店街振興組合等の法人格を持つ組織の皆様については、福島県中小企業団体中央会にお問合せください。
※応募者又は法人の役員が暴力団等の反社会的勢力であったり、反社会的勢力との関係を有している場合は対象外といたします。
※小規模企業者については、本社及び補助事業を行う事業所が共に福島県内に所在することとします。

(小規模企業者等の定義)
卸売・小売業 常時使用する従業員  5人以下
サービス業(宿泊業・娯楽業以外) 常時使用する従業員  5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員 20人以下
製造業その他 常時使用する従業員 20人以下

●募集対象事業 『一般枠』
商工会議所と一体となって策定した経営計画に基づいて実施する、円滑な事業の承継、
創業後の経営安定化、販路開拓及び生産性向上、地域コミュニティの向上等の取り組みであること。

『商店街枠』
商工会議所と一体となって策定した商店街等の機能高度化に関する計画に基づき実施する、
商店街等の魅力や賑わいの創出など、商店街等が持つ多様な機能の維持・高度化に向けた取組であるとともに、
商店街等を構成する小規模企業者の活性化につながる取組であること。

※ 但し、国(独立行政法人を含む)・県・市、その他の補助金、助成金を活用していない事業であること。

●補助対象経費 【補助対象経費の一例】※詳細は、各商工会議所にお問い合わせ下さい。
◇事業の遂行に必要な機械装置等の購入にかかる費用
◇販路開拓にかかる広告宣伝費(チラシ印刷費・広告掲載料・DM送料等)
◇新商品等を展示会等に出展または商談会に参加するためにかかる費用
◇新商品の開発等にかかる原材料、設計、デザイン費
◇ネット販売システムの構築にかかる費用
◇店舗や事務所の内外装工事費用 (住居兼の場合は、店舗・事務所専有部分に係るもののみ)
◇店舗のバリアフリー化工事にかかる費用
◇事業の遂行に必要な指導・助言を受けるために依頼した専門家等に謝礼として支払われる費用

●補助額 『一般枠』
上限 30 万(但し補助対象経費の 2/3以内)※グループによる取組みは上限100万円

『商店街枠』
上限 100 万(但し補助対象経費の 2/3以内)

●募集期間 令和元年8月30日(金)~ 9月17日(火) 締切当日消印有効

●注意事項   本補助金の採択を受け事業を実施した年度の翌年度から5年間、事業による成果や効果を確認するため、
「ふくしま小規模企業者等いきいき支援事業に係る事業状況報告書」(交付要綱様式第14)により
売上高等を報告する必要があります。

●応募方法、申請資料等 事務局ページ(福島商工会議所)をご参照ください。http://www.fukushima-cci.or.jp/?p=13064
ページトップ