南相馬地域商工業者実態調査結果

新着情報

8/29「電子帳簿保存法の対策ポイント」セミナーのご案内2022年07月28日

8/29「電子帳簿保存法の対策ポイント」セミナーのご案内

電子取引について電子帳簿保存法に対応した保存が、当初予定の2022年1月から2年間の猶予期間が設けられ、2024年1月より“完全”義務化されます。猶予期間はあるものの、企業が対応すべき範囲は想像以上に広く、しっかりとした対策が必要です。
電子帳簿保存法とは関係がないと思っている企業でも、取引先からメールなどに添付されて送られてきた請求書のPDFファイルやEDIシステムで授受されたデータは、必ず電子データで法令要件に従って管理することが必要となりました。今回のセミナーでは、準備すべき事や電子取引の保存要件についての解説などを分かりやすく説明します。
 
日 時
令和4年8月29日(月) 14:00~16:00
 
場 所
原町商工会議所 大会議室
 
内 容
◆電子帳簿保存法の概要
 ・電子データ保存のメリットとデメリット

・改正のポイント

・電子帳簿保存法とインボイス制度の関係

◆電子帳簿保存法の3つの区分について
①電子帳簿等保存 ②スキャナ保存 ③電子取引
◆ケース別での対応策
 
定 員
30名
 
受講料
無料
 
申込方法
①セミナーチラシへ必要事項を記入のうえFAX

または

②以下のお申込みフォームへ必要事項を入力(WEB申込)
https://forms.gle/4PBEZbEAmsumM2qMA
 

Download (PDF, 469KB)

ページトップ